岡山県笠岡市内のお客様方からお買取りさせて頂きました‼

皆様こんばんは!

出張買取り専門店の楽楽本舗です。

また日々感染者が増える中で、当店のある広島県福山市もいよいよ明日から『蔓延防止等重点措置』の対象区域に。。。

仕方ないとは分かっていましても、やっぱり気が滅入ってしまいますね…

しかし、今までも乗り切ってきましたので、ここでもう一回乗り切ってやりましょー!

コロナなんかに負けず、感染対策をしっかりして元気にお仕事してまいりますっ‼

早速ですが…今回ご紹介しますお買取り品は、

『おまとめアクセサリー類!』

 

 

以前にご紹介させて頂きましたが、

またまた集まってきましたので、ご紹介させていただきまーす‼

今回の商品も切れていたり、メッキ品が多数ございました。

えっ!!?メッキなんて買い取ってくれるの?と

思う方も多いでしょう!!

基本的にメッキ類は買取不可な場所が多いのですが、当店では買取りさせていただきます‼

切れてしまったネックレス、片方だけのピアス・イヤリング

石の取れてしまったリングなども可能です‼

見ためが豪華な金色の製品でも、100%金から作られているとは限りません。

中には、別の金属に金を貼り付ける加工がなされているものもあります。

加工方法は大きく分けて2種類。「金メッキ加工」と「金張り加工」があります。

余談かもですが、少しお話させていただきます!

・金メッキとは、電気分解もしくは化学反応を利用して金属の表面に金の膜を付着させる方法です。

漢字では「鍍金」と書き、「ときん」と呼ばれることもあります。

加工方法だけでなく、この加工が施された製品自体も指す言葉です。

カタカナ表記ですが外来語ではなく、「めっき」とひらがなで表記されることもあります。

「メッキ=偽物」と思われる方もいるかもしれませんが、本物の金が用いられているという意味では、偽物とは言えません。

 

・金張りとは、極薄い板状の金を別の金属に熱圧着する技法です。

金メッキと金張りでは、金を付ける際に電気を使うか、熱を使うかという点が異なります。

熱で圧着する金張りは、金メッキよりも耐久性の高い加工方法です。

さらに、金メッキが「膜」であるのに対して金張りは「板」ですので、使用する金の量にも差があります。

金張りは金メッキよりもおよそ100倍金の層が厚いため、金メッキよりも格段に高価なんです。

 

外見は金とよく似ている金メッキや金張りの製品。

そのため、金と金メッキ・金張りの見分けがつかず間違えてしまう方もいるかもしれません。

金メッキ製品や金張り製品を見分けるには、まず刻印に注目すると良いでしょう。

金メッキ製品には「GP(Gold Plated)」、金張りには「GF(Gold Filled)」という表記が刻まれています

例えば「K24GP」ならばK24の金メッキ、「K18GF」ならK18の金張りという意味です。

このほか、金メッキは「GE」「GEP」「HGE」など、金張りは「GR」「GS」「RGP」などと刻印されていることもあります。

 

一昔前の商品ですと、メッキなのか金なのかメッキなのかもわかりにくくなっていたりしますので、

そういった際も当店へご連絡いただければ、お役に立てるかと思います。

皆様からの一報をスタッフ一同心よりお待ちしております!

 

本日も最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました‼

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL