またまた大人気の『バカラ』のお買取をさせて頂きました!

皆様おはようございます!

出張買取り専門店の楽楽本舗です‼

毎日暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

コロナも第7波に突入したようで、各地で感染者数が過去最多を更新しています…

しかし、第7波まで来ると、第1.2波のような恐怖心や危機感も慣れて薄れてしまいます。。。

皆様日頃から感染予防対策や日常生活の制限もして生活なっさっていますので、

そう言った風になるのも致し方無いような気もします。。。

これからも気を付けながらも少しでも日常が充実出来る様に過ごして参りましょう‼

そういった際に当店は活躍しますー‼

外出自粛ムードの中、お家の片付け等され買取り希望の方が多数ご連絡くださいます。

自宅に居ながら不用品のお買取が出来てしまょ~

もちろんお伺いさせて頂く際には、スタッフ一同感染対策をしっかりとさせて頂きます!

今回ご紹介させて頂きます商品も、コロナ禍にお問合せ頂きましたお客様よりお譲り頂きました。

大人気の『バカラ』をまたまたお買取させて頂きましたので、ご紹介させて頂きます!

❝Baccarat(バカラ) ペアワイングラス❞

 

バカラ社が誕生した18世紀当時のフランスは、多くの度重なる戦争により経済的に困窮していました。

そんな窮地を脱しようと、フランス東部のロレーヌ地方統主「モンモランシー・ラバル」は、

他のヨーロッパ諸国に比べて遅れていたガラス産業に目をつけ、バカラ村にガラス工場を設立することを考案しました。

当時の国王ルイ15世に許可され、こうして1764年バカラ社の歴史が始まったのです。

バカラが「クリスタル・ガラス」の製造を始めたは1816年頃のこと。。。

それまでバカラ社は工場設立から約60年間、窓ガラスや鏡、ビン類などの生産が中心だったそうです。

しかし、ヨーロッパ最古のクリスタルガラスメーカー、サンルイ(Saint Louis)社との一時的な合併時に

クリスタル製造の技法を学び、製造を開始します。

クリスタル製造が軌道に乗り始めた1825年、アルクール公爵家の婚礼のために制作されたクリスタル・グラスは、

現在までロングヒットしている「アルクール」シリーズの原型となるグラスで、バカラの代名詞とも呼ばれているシリーズです。

 

バカラのクリスタルガラスは、酸化鉛を30%含み、その品質基準の高さから製造されたうちの3~4割は破棄されてしまうとか。

さらに、バカラ社はフランスの「M.O.F.」(フランス最優秀職人)を50人以上輩出しており、

その技術と品質の高さが裏付けられています!

バカラは調べれば調べるほど奥が深く、とても格式高い洗練されたクリスタルブランドでした。

お値段の裏には高い技術と長い歴史とプライスレスな付加価値が隠されているんですねー。

 

この様に高級グラスの代名詞ともいえる❝バカラ❞の商品を、御自宅などで寝かせておくのはもったいない‼

インテリアとして飾っておいたり、使用されないのであれば、

是非この機会に当店にお譲りくださいませ!

お客様の思った以上のお小遣いになるかもしれませんょー。

もちろん❝バカラ❞以外でも大丈夫です。

 

初めての出張買取でご不安等ございましたらお気軽にお問合せだけでも大丈夫です!

皆様からのご連絡をスタッフ一同お待ちしております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL