以前のブログをご覧になった方よりお買取りさせていただきました!

こんばんは!

出張買取り専門店の楽楽本舗です。

日々感染者の過去最多数のニュースを見て不安になる今日この頃です。。。

私的には、現在の第6波が一番危機感があり緊張感もございます。

割と身近な方が陽性になったらしいと聞くこともあり、他人事ではないなと感じる日々です…

しかしそんな事を恐れてばかりはいられず、適切な緊張感と恐怖心を持って毎日過ごして行こうと決めました!

そんな折、嬉しいことが…

以前のブログをご覧になってくださった方よりご連絡頂きまして、

❝ロイヤルコペンハーゲンのフィギュリン❞

を、お買取りさせて頂きました!

 

 

以前ご紹介した際は、馬・豚・猪・猿…等々でしたが、

今回は以前には無かった、猫・羊をお譲り頂きましたー!

 

ロイヤルコペンハーゲンは、「ビレロイ&ボッホ」「マイセン」と並ぶ、

世界三大陶磁器メーカーの一つであることをご存じでしょうか。

結婚式の引き出物やイヤープレートなど、

特別感たっぷりの贈り物やコレクション目的で購入されるロイヤルコペンハーゲンは、

ブランド食器の中でも非常に人気のあるメーカーなんです。

プレートのイメージが強いロイヤルコペンハーゲンからは、フィギュリンも販売されています。

「フィギュアではなくフィギュリン?」と思った方も多いことでしょう。

陶磁器で作られた人形や彫像などの立体造形、または芸術的技法によって象られた作品のことを総じてフィギュリンと呼びます。

イメージとしてはフィギュアに近いのですが、日本では「おもちゃ」としての要素が強いでしょう。

世界ではたくさんの陶磁器メーカーが、オリジナルのフィギュリンを制作しており、

工程はハンドメイドでもちろん絵付けもハンドペイントなんです。

ロイヤル コペンハーゲンのフィギュリンの歴史は1898年まで遡ります。

パリの万国博覧会で最初の作品が発表されたのが始まりです。

すべてのフィギュリンが熟練の職人に作られているのです。

白い磁器に筆が入れられるたびに、まるでフィギュリンに魂が宿るがごとく、表情が芽生えます。

そして、少しずつ質感が加わり、趣のある芸術作品が完成するのです。

まさしくロイヤルコペンハーゲンのフィギュリンは、真の芸術品だと言えるでしょう。

 

今回お買取りさせて頂きましたお客様も以前のブログを見て頂き、

『ウチにもある気が…。』

と、ご連絡をいただいたのです。

こういったお声を聞くと、書いてて良かった!と思えるんです!!

皆様も今までにご紹介させて頂きました商品や似たようなものがございましたらお気軽にお声掛け下さい。

当スタッフが丁寧に鑑定させて頂きお客様のお役に立てると思います!

まずは皆様からのご連絡を心よりお待ちしております!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL