華やかなカップ&ソーサーのお買取をさせて頂きました!

皆様こんばんは!

出張買取り専門店の楽楽本舗です。

もうお盆休みに入られている方も多いのではないでしょうか?

久しぶりの帰省などでリラックスしたり、レジャーしたり皆様が満喫しておられればいいです!

意外にも帰省中に実家の片付けをしてお買取のご連絡を頂くことも多いのです‼

ですので、今回はそんなお問合せにてお買取させて頂きました商品のご紹介をさせて頂きますー。

 

  

 

❝SONIA RYKIEL ソニアリキエル カップ&ソーサー❞

 

赤や青の花柄が描かれただけのシンプルなデザインですがお洒落なカップ&ソーサーです。

1966年、ソニア リキエルが自身の名を冠したブランド「ソニア リキエル」を設立しました。

ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)はフランスのファッションブランドです。

サンジェルマン・デ・プレをイメージさせるパリジャンスタイルが特徴で、

創業者のソニア・リキエルがニットの女王と呼ばれてたようにニットを得意とするブランドなのです。

創設者ソニア・リキエル(Sonia Rykiel)は、1930年、フランス・パリ生まれ。

62年、妊娠中にブティック「ローラ」のためにセーターとマタニティドレスを作り、それが彼女の初コレクションとなりました。

1966年「ソニア リキエル」を設立し、66年にパリのサンジェルマン・デュ・プレに自身のブティックをオープンします。

普段着に使用されていたジャージー素材をモードにもたらし、ニットをファッショナブルに変貌させました。

その貢献からしばしば「ニットの女王」と呼ばれるようになったのです。

88年にはメンズコレクションに進出し、その後も子供服、フレグランス、コスメやアクセサリー・食器等にも進出したのです。

その後も色々と積極的に活動され、2016年8月に亡くなるまで精力的に活動されていたようです。

そんな「ソニア リキエル」がデザインしたカップ&ソーサーは、

彼女らしい華やかな気分にさせてくれるデザインになっています。

他の食器類と一緒にお買取させて頂いたのですが、

暗いニュースの多い最近にピッタリの、心も明るくしてくれる商品をご紹介させて頂きました。

廃盤になった商品もお買取可能ですので、気になるお品が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

 

皆様からのご連絡をスタッフ一同でお待ちしております。

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL