福山市内のお客様より❝ロイヤルコペンハーゲンの置物❞をお買取りさせて頂きました‼

こんばんは!

出張買取り専門店の楽楽本舗です。

久しぶりの投稿になりますが、皆様お変わりございませんでしょうか?

寒さに体も慣れてきましたが、来週にはまた一段と寒くなるとか…

体調に気を付けてお元気でお過ごしくださいませ‼

 

今回ご紹介の商品は、

❝ロイヤルコペンハーゲン❞

 

 

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)は、デンマークの陶磁器メーカー。

正式名称は「ロイヤル・コペンハーゲン陶磁器工房」(The Royal Copenhagen Manufactory)といいます。

絵付けはすべて手描きで、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサイン、

シェーブナンパーが入れられているんです。

創業当時から東洋の青い染付の影響を強く受け、手描きによるコバルトブルーの絵柄が特徴です。

1868年から制作されている下絵の手描きのブルーバターン「ブルーフルーテッド」はベストセラーのひとつ。

ブランドの特徴である唐草模様パターンとレース技術は繊細で格調高く、

世界中で愛されているのですが、中でも特に日本人の人気を集めているんです。

1908年以来欠ける年なく続いているイヤープレート(クリスマスプレート)も人気商品のひとつ。

 

コペンハーゲンと言えば、食器の有名ブランドであり、

実際にお持ちの方も多いかと思いますが、こういった置物も作っていることもご存知でしょうか?

ロイヤル コペンハーゲンの美しいフィギュリンには、

1898年にパリの万国博覧会で最初の作品が発表されて以来続く永い歴史があります。

全てのフィギュリンは熟練の職人によるクラフトマンシップに支えられています。

磁器の原料を型に流し入れて作られたフィギュリンの各パーツは、高度な技術で接合され、

そのつなぎ目はひとつとして分からぬように丁寧に仕上げられています。

その後、手作業により正確に、そして芸術的に彩色されます。

白い磁器に筆が入れられるたびに、表情や動き、質感が少しずつ現れるのです。

ロイヤル コペンハーゲンのフィギュリンは、真の芸術品だけが表現できる雰囲気や感情を創り出すのです!

 

今回は「象」「フクロウ」「犬」をご紹介させて頂きましたが、

また別のシリーズもご紹介していきたいと思います!乞うご期待です‼

 

本日も最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL