尾道市内のお客様よりお買取りさせて頂きました商品のご紹介!

こんばんは!
出張買取り専門店の楽楽本舗です。

本日は尾道市内のお客様より出張買取させて頂きました商品のご紹介です!

 

 

❝ロイヤルサルート21年❞

 

1952年に発売されたローヤルサルート。

世界三大ブレンデッドウィスキーのひとつであるシーバスリーガルで有名なシーバス・ブラザーズ社が、

現英国女王エリザベス2世の戴冠式を祝して造ったのがはじまりです。

ローヤルサルートの名前の由来は、

英国海軍が王室の戴冠式や結婚式などの時に撃ち鳴らす皇礼砲「ローヤルサルート」からきています!

1953年のエリザベス2世戴冠式の際は、21回の空砲が撃ち鳴らされたので、

21年以上の原酒を使用した「ローヤルサルート 21年」が発売されました。

そんなローヤルサルート 21年、ボトルの色が青色、緑色、赤色の3種類があり、

「何が違うの?」と疑問を持つ人も多いと思います。

この色の違いがちょっとややこしいんです。。。

 

  • 1953〜2019年秋まで:色ごとに違いはなし!中身は同じ
  • 2019年秋〜:青・緑で中身が違う

 

ちょっと前までは、デザインが違うだけで、どの色も味が同じだったのですが、

2019年から、中身のウイスキーも変わりました!

ちなみに中身の変更と共に赤色のボトルは廃止され、ローヤルサルート 21年は青と緑のみになりました。

もし新ボトルのローヤルサルート買おうと思っている人は注意です!

 

そんなローヤルサルートの一番の特徴であるボトル

18世紀後半に貴重な酒を入れる容器として流行した「フラゴン」と呼ばれる道具がモチーフになっています。

ちなみに、製造は英国の名門陶磁器ブランド「ウェイド・セラミック社」が担当しています。

 

赤・緑・青の3種類が発売されているローヤルサルート。

それぞれの色は、エリザベス2世の戴冠式に使われた王冠の宝石をイメージしています。

 

・赤…ルビー

・青…サファイア

・緑…エメラルド

 

甘いウイスキーで有名なシーバスリーガルと同じ会社が造っているとは思えないぐらい、本格的かつ大人な味

しかし、お花のような派手な香りはさすが老舗シーバス・ブラザーズ社のブレンド技術が活かされており、

どんなウイスキーにも負けない香り高い味わいを楽しめます!

 

お家に眠る古酒やお土産に頂いたウイスキー・ブランデー等、

これを気にお買取りにだしてみられては…?

楽楽本舗が喜んでお伺いさせていただきます。

皆様からのご連絡をスタッフ一同心よりお待ちしております!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL