福山市内のお客様よりお買取りさせて頂きました!

こんばんは!

出張買取り専門店の楽楽本舗です。

今日は東京パラリンピックの開会式!

オリンピックの時と同様沢山の感動と興奮を楽しみたいですね!

まだまだ自粛生活が続く中、当店にはたくさんのお問い合わせを頂いております。

有難い限りでございます。

そんな中から今回お買取りさせて頂きました❝縁起の良さそうな❞商品のご紹介です!

 

”ニッカ ウイスキー 七福竜”

寿屋(現在のサントリー)でウイスキー製造に従事していた竹鶴政孝が、
スコットランドに近い気候の北海道で、よりよいウイスキー作りをするために退社し、
北海道余市で創業したのが始まりです。
初期の筆頭株主は加賀証券社長の加賀正太郎。
加賀は社内では御主人様と呼ばれ、創業者の竹鶴は専務と呼ばれていました。

ウイスキーは製造開始から出荷まで数年かかるため、
最初期は余市周辺の特産品だったリンゴを原料に、
リンゴジュース、リンゴワイン、リンゴゼリーなどを製造・販売していました。
しかし、創業者竹鶴の品質へのこだわりはリンゴジュースにも及び、
高価な果汁100%ジュースしか出荷しなかったのであまり売れなかったというのです。
ニッカウヰスキーによれば、
日果林檎ジュースは製品化された日本初の果汁100%リンゴジュースなのだそうです。

1940年(昭和15年)にウイスキーの出荷を開始しました
製品はリンゴジュースの商品名「日果」をカタカナにし、ニッカウヰスキーと名づけられたのが始まりです。

 

そんな歴史あるニッカウヰスキーから干支ボトル 七福竜 七福神 が1987年発売されています。
34年前のウヰスキーを大事に保管されておりました。

ウヰスキーな時間が経てば経つほどよく、価値も出てくるそうです!

記念日などに大事な人と飲まれるのもとても素敵ですが、

持て余されてる方は処分などせず、まずは当店へご連絡下さい!

もしかしたら予想以上の臨時収入になるかもしれませんょ!

 

ウヰスキーだけでなく、その他の古酒やワイン・ブランデー等でもお買取りさせて頂きます!

 

感染対策もしっかりとした上で、スタッフがお伺いいたしますのでご安心下さいませ。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL