強いて言うならば「春」、引っ越しや大掃除のときに、リサイクルや不用品回収を考えることが多いと思います。それらは、例えば、家電製品の不要品回収などは、法律を基に、ある程度価格が決まっていることを知ってますか?

◆家電リサイクル法 … (特定家庭用機器再商品化法)
一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律。

この家電リサイクル法により、 家電の引き取り・回収には各家電メーカーが決めた料金を支払う必要があります。ある程度、家電引き取り料金を確認してから、一度見積もり依頼をするとよいでしょう。