遺品整理(いひんせいり)とは、故人の残した品(遺品)を整理すること。遺品処理、遺品処分ともいう。

遺品はいわゆる遺産の内でも動産など物品全般を指すが、こと故人が生前に使用していた生活雑貨や衣類・家具・家電製品など古物としては財産価値の薄い物品も含まれる。
故人の遺品を遺族で分け合うことを形見分けと呼び、急な出来事の場合、あるいは借家や賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような場合は、葬儀などの法事が終わってから、直ちに遺品整理・処分にかかることが多い。
日記・手紙・手帳(住所録やメモなど)・預金通帳などは、1年から2年程度は必要になることもあるので保管し、その他の家具や箪笥などの家財道具は福祉施設に、書籍などは地域の図書館や学校などに寄贈されることもあるが、中には引き取り手のつかない、あるいは財産としての処分を行うこともできない物品もある。

[ 貴 重 品 ] … 金品や通帳印鑑など、直接的な財産。
[ 思い出の品 ] … 写真や手紙などのほか、趣味の道具や蒐集物。
[  衣類など  ] … 衣服や布団など
[家具や家電製品] … 生活家電やたんすなど家具類。
[ 食 料 品 ] … 冷蔵庫内の生鮮食品や保存食など。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)